コロナウイルスによるOLED市場の変化レポート

本報告書は、コロナウイルスが世界中に本格的に普及し始めた3月からコロナウイルスがOLED市場への影響を綿密に分析した結果を基に作成した。

世界の電子産業がすべての深刻な打撃を受けている。スマートフォン市場は20%減の12億台規模になると予想されているがOLEDスマートフォン市場は7.8%の減少に過ぎないと見られる。しかし、TV用OLED市場は打撃が非常に大きい。 26.5%の減少が予想されるからである。

本報告書は、ディスプレイ産業のパネルメーカーと部品素材、機器メーカーが2020年を支えて、2021年以来事業を予想するガイドラインを提供するために作成された。

各応用製品の市場の減少の理由を綿密に分析し、基板別市場、特にスマートフォン市場でrigid OLEDとflexible OLED、foldable OLED市場がどのように変化しているかを確認できるようにデータを提示した。

目次
1. コロナウイルスが世界経済に与える影響
1.1 封鎖の強さと経済の回復速度
1.2 コロナウイルスによる今後の経済状況のシナリオ
1.3 コロナウイルスによる産業別の影響2. コロナウイルスがセット産業に及ぼす影響
2.1 ディスプレイ産業に及ぼす要因の分析
2.2 セット産業
2.3 サムスン電子のスマートフォン事業
2.4 アップルのスマートフォン事業3. コロナウイルスがOLEDパネルメーカーへの影響
3.1 サムスンディスプレイ
3.2 LGディスプレイ
3.3 BOE
3.4 Tianma
3.5 CSOT4. OLED量産キャパ変化
4.1 投資時点と投資キャパ展望
4.2 量産キャパ見通し
4.3 企業別量産キャパ見通し
4.4 世代別量産キャパ見通し
4.5 モバイルデバイス用の量産キャパ見通し
4.6 モバイルデバイス用基板別量産キャパ見通し
4.7 TV用OLED量産キャパ見通し
4.8 国別量産キャパ見通し
5. 全OLED市場の変化
5.1 出荷と売上高
5.2 応用製品別市場展望
5.3 2020年OLED市場の変化6. スマートフォン用OLED市場の変化
6.1 全体の出荷台数と売上高見通し
6.2 国別出荷量と売上高見通し
6.3 タイプ別の出荷量と売上高見通し
6.4 国別flexible OLED出荷量と売上高見通し
6.5 国別foldable OLED出荷量と売上高見通し
6.6 国別rigid OLED出荷量と売上高見通し
7. TV用OLED市場の変化
7.1 出荷と売上高見通し
7.2 企業別出荷と売上高見通し8. ウォッチ用OLED市場の変化 
8.1 出荷と売上高見通し
8.2 国別出荷と売上高見通し

9. モニター用OLED市場の変化 
9.1 出荷と売上高見通し
9.2 基板別出荷と売上高見通し