第2四半期Cost Analysis

UBI Researchが提供するCost Analysisには、Samsung Displayが生産するフレキシブルOLEDの材料費(BOMコスト)とLG Displayが生産するWRGB OLEDパネルの製造コストの2種類がある。スマートフォンを始めとするタブレットPC、スマートウォッチなど、モバイル機器用OLED生産の最大手Samsung Displayが生産するGalaxy SとiPhone向けフレキシブルOLEDの材料費は、後発メーカーがコスト競争力を獲得するために、必ず知っておくべき重要な情報となる。第2四半期にSamsung DisplayのGalaxy S9に使用されたフレキシブルOLEDのBOMコストは、第1四半期に比べて約10%減少した。その理由は、全工程において歩留まりが向上したことにある。

TV用OLEDパネルの製造技術には、現在LG Displayが蒸着方式で生産しているWRGB OLED構造とインクジェット技術を使用するソリューションプロセスOLED、Samsung Displayが開発しているQD-OLED(青色OLED)がある。LG Displayの77型WRGB OLEDは既に減価償却が終了し、安定的な生産を行い、黒字化していると確認された。55型と65型を生産するE4-1ラインも、来年には減価償却が終了する見込みである。それによって、55型と65型WRGB OLEDパネルは、LCDや他のOLED技術に比べ、競争力を確保できるようになる。プレミアムTV市場の注力製品である、65型OLED TVのパネル製造コストは967米ドルと分析されたが、製造コストの中で材料費が占める割合は52%と最も大きかった。

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す