2016 OLED Display Annual Report

top

本報告書に使用された資料はOLEDメーカーの資料を中心に有無線通信または訪問質疑応答を通じて情報を収集し、展示会、コンファレンス、セミナーに直接参加して主催社の同意の下で情報を入手した。

本報告書の市場見通し資料はAMOLED panelメーカーの投資動向とメーカーの技術レベルによる予想稼働率、歩留りをsimulationしたユビ産業リサーチの自体DBを基に最適の数値を導出して作成された資料である。

核心要約
報告書全体の主要内容を一目で把握できるように整理した。

2016年に予想されるOLED量産ラインのcapa.分析
Appleは製品の差別化のために次世代iPhoneにflexible AMOLED panelを適用することを積極的に検討中でおり、中国panelメーカーは2016年から普及型AMOLED panelについて本格的に量産に乗り出すと見込まれる。2016年投資の核心ポイントはAppleのiPhoneへの搭載が予想されるflexible AMOLED panelの初期物量に対する供給メーカーと中国panelメーカーの本格的な量産に引き続く追加ラインの拡張可否になると見られる。本報告書は2016年1月を基準で把握されたメーカー別の投資計画に基づいて2016年に投資可能性のあるラインについて分析を行った

Samsung Elec.とAppleのflexible AMOLED panelの適用とこれによる投資見通し
Samsung Elec.とAppleは各々Galaxy seriesとiPhone seriesでsmartphone市場の拡大に大きな影響を及ぼした企業であり、Samsung Elec.とAppleのflexible AMOLED panelの適用はdisplay市場に大きい影響を与えると予想される。今まで発売されたGalaxy seriesとiPhone series別の販売量と全世界smartphoneの需要量に基づき、2020年までflexible AMOLED panelが適用されたSamsung Elec.とAppleのsmartphoneの年間販売量を見込み、これによる必要なcapa.を分析した。

AMOLEDが適用された製品の動向
AMOLEDが適用されたsetを各製品群に分類してtrendを分析した。これによって未来のapplicationに適用されるAMOLED panelのsizeとresolutionなどのspec.が予測できるようにした。CES 2016とIFA 2015の核心的な展示high lightを通してAMOLED setの開発動向について把握できるようにした。

AMOLED panelメーカーの投資動向/ 投資動向
主要panelメーカーの2015年の動向を扱ってOLED産業全体の動向が把握できる。なお、各panelメーカーの技術トレンドとpanelの公開動向をpanel size別に分けて分析した。2016年は中国panel メーカーの普及型panelの量産本格化と国内メーカーのflexible OLED panelの量産ライン投資によって市場状況に大きく変化があると見込まれる。本報告書では国別に主要AMOLED panelメーカーの 2015年投資内容に基づいて2016年panelメーカーの投資計画と事業方向が予測できるようにした。

Supply Chainとpanelの構造分析
Samsung displayとLG displayで量産中のOLED panel構造と関連装置、材料メーカーについての supply chainを分析した。

AMOLED Panel市場の実績分析
2015年には普及型AMOLED panelとflexible AMOLED panelの需要増加により中小型panel市場が成長し、TV用panelも歩留り安定化と出荷量の増加によって高い成長率を記録した。本報告書では AMOLED panelについての市場実績を四半期別, 半期別, 年度別に分析して市場状況が理解できるようにした。

AMOLED Panelの市場見通し
メーカーの投資計画とユビ産業リサーチのDBに基づいて2020年までのAMOLED panelと発光材料, 装置市場を見込んだ。全体市場と各国別, size別, 基板別の市場を分析し、各々の年間成長率を予想して詳細な市場が把握できる。

Format : PDF / Page : 128p / Updated : 2016. 02

Contents

1. 調査背景

2. 核心要約

3. 2015年のイシューを通じた2016年の見通し
3.1 2016 OLED capa分析
3.2 Flexible AMOLEDの投資見通し
3.3 大面積AMOLEDの投資見通し
3.4 中国OLED市場の見通し

4. AMOLEDが適用された製品の動向
4.1 OLED TV
4.2 Smart Phone
4.3 Tablet PC
4.4 Smart Watch
4.5 Samsung Elec.
4.6 LG Elec.

5. AMOLED Panelメーカーの動向
5.1 AMOLED産業マップ
5.2 AUO
5.3 BOE
5.4 CSOT
5.5 EverDisplay
5.6 Japan Display
5.7 JOLED
5.8 LG Display
5.9 New Vision Optoelectronics
5.10 Samsung Display
5.11 Tianma

6. AMOLED Panelメーカーの投資動向
6.1 MP Line Status of AMOLED and Investment Forecast
6.2 Status of AMOLED R&D Line
6.3 主要Panelメーカーの投資見通し (2016~2017)


7. Supply ChainとPanelの構造分析

7.1 Samsung Display
7.2 LG Display

8. 四半期別のAMOLED実績分析
8.1 全体市場
8.2 メーカー別市場
8.3 Size別市場
8.4 基板別市場
8.5 ASP

9. 반기별 AMOLED 실적 분석
9.1 全体市場
9.2 メーカー別市場
9.3 Size別市場
9.4 基板別市場
9.5 ASP

10. 年度別のAMOLED実績分析
10.1 全体市場
10.2 メーカー別市場
10.3 Size別市場
10.4 基板別市場
10.5 ASP

11. AMOLED Panelの市場見通し (2016~2020)
11.1 全体市場
11.2 Size別市場
11.3 基板別市場
11.4 国別

今後Contentsが変更となる場合があります。

slide

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。