2016 OLED Emitting Material Annual Report

top

本報告書に使用された資料はOLEDメーカーの資料を中心に有無線通信または訪問質疑応答を通じて情報を収集し、展示会、コンファレンス、セミナーに直接参加して主催社の同意の下で情報を入手した。
本報告書の市場見通し資料はAMOLED panelメーカーの投資動向とメーカーの技術レベルによる予想稼働率、歩留りをsimulationしたユビ産業リサーチの自体DBを基に最適の数値を導出して作成された資料である。

2016年AMOLED産業と発光材料の市場見通し
AMOLED panelメーカーの2015年と2016年の量産ラインcapaとglass面積を分析して2016年に予想されるOLED発光材料の需要量を主要メーカー別, 国別, 共通層とhost/dopant別に予測した。

中国のAMOLED panel市場と発光材料の市場分析
2016年には中国AMOLED panelメーカーの本格的な量産と投資が始まると見込まれている。中国 AMOLED panelメーカーの2016年量産ラインと投資計画に基づいて中国AMOLED panelメーカーの glass使用面積を算出し、これによって発光材料市場を見込んだ。

AMOLED Panelメーカーの投資動向分析
2016年は中国panelメーカーの普及型panelの量産本格化 と国内メーカーのflexible OLED panelの量産ライン投資によって市場状況に大きく変化があると見込まれる。本報告書では国別に主要AMOLEDpanelメーカーの2015年投資内容に基づいて2016年panelメーカーの投資計画と事業方向が予測できるようにした。

2015年OLED発光材料メーカー別の占有率分析
2015年OLED発光材料の売上高をhostとdopant, HTL, ETLなどの主要材料に分類して各メーカー別の占有率を分析した。

OLED主要発光材料の価格動向
量産に適用されている主要OLED発光材料の価格を整理して価格変化が分かるようにした。

Supply ChainとPanelの構造分析
Samsung DisplayとLG DisplayのOLED構造変化に関するヒストリーと現在量産に適用しているAMOLED panelの構造、これに適用された各layer別OLEDの発光材料メーカーを分析した。

OLED発光材料の需要量見通し (2016~2021)
2016年から2021年までAMOLED panelメーカーの投資historyと投資pattern, 保有capaとdisplayの demandを考慮してAMOLED panel市場とglass area, OLED発光材料市場を見込んだ。OLED発光材料メーカーの2015年材料別の売上高とg当りの価格に基づいて発光材料市場をkg単位で分析して見通した。AMOLED産業の核心メーカーであるSamsung DisplayとLG DisplayのOLED発光材料の需要量とこれから核心イシューになるApple向, 中国向, 大面積向のOLED発光材料の需要量を分析し、各メーカーの市場予測に役立つようにした。なおOLED発光材料産業のもう一つのイシューである材料リサイクルによる需要量を分析した。

OLED発光材料の市場見通し (2016~2021)
メーカーの投資計画とユビ産業リサーチのDBに基づいて2021年までのOLED発光材料市場を見込んだ。全体市場と各国別, size別, 画素構造別, メーカー別, 共通層とhost/dopant別の市場を分析し、各々の年間成長率を予想して詳細な市場が把握できる。

主要OLED発光材料メーカーの売上高分析(2013~2015)
2013年から2015年まで主要OLED発光材料メーカーの売上高を分析して各メーカー別の事業現況と流れが把握できるようにした。

主要OLED発光材料メーカーの韓国特許出願の動向分析(2013~2015)
OLED産業をリードしている韓国で2013年から2015年まで主要OLED発光材料メーカーの特許出願現況・動向について年度別に分析した。

主要OLED発光材料メーカーの競争力分析(2016)
主要OLED発光材料メーカーの2015年の実績と特許、量産製品現況、2016年の営業力に基づいて競争力を分析した。

Format : PDF / Page : 96p / Updated : 2016. 04

Contents

1. 核心要約

2. 2016年AMOLED産業と発光材料の市場見通し
2.1 2016年予想されるAMOLED量産ラインのCapa.分析
2.2 2016年予想される発光材料の需要量予測

3. 中国AMOLED panel市場と発光材料の市場分析
3.1 中国AMOLED panel市場の現況
3.2 中国OLED発光材料の市場見通し

4. AMOLED Panelメーカーの投資動向分析
4.1 AMOLEDの量産ライン現況と投資見通し
4.2 主要Panelメーカーの投資見通し (2016~2017)
4.3 Korea
4.4 China
4.5 Japan
4.6 Taiwan

5. 2015年OLED発光材料のメーカー別の占有率分析
5.1 2015年OLED発光材料の使用量分析
5.2 2015年OLED発光材料の売上高分析
5.3 Red Host
5.4 Green Host
5.5 Blue Host
5.6 Yellow-Green Host
5.7 HTL
5.8 ETL
5.9 Dopant
5.10 Others

6. OLED主要発光材料の価格動向

7. Supply ChainとPanelの構造分析
7.1 Samsung Display AMOLEDの構造History
7.2 LG Display AMOLEDの構造History
7.3 Samsung Display
7.4 LG Display

8. OLED発光材料の需要量見通し(2016~2021)
8.1 概要
8.2 全体の需要量分析
8.3 共通層とhost/dopantの需要量分析
8.4 画素構造別の需要量分析
8.5 Samsung Displayの需要量分析
8.6 LG Displayの需要量分析
8.7 Apple向の需要量分析
8.8 中国AMOLED Panelメーカーの需要量分析
8.9 大面積OLED TV向けの需要量分析
8.10 材料リサイクルの需要量分析

9. OLED発光材料の市場見通し(2016~2021)
9.1 全体の市場見通し
9.2 共通層とhost/dopant
9.3 国別
9.4 Size別
9.5 画素構造別
9.6 主要OLED Panelメーカー別

10. 主要発光材料メーカーの売上高分析(2013~2015)
10.1 全体の売上高分析
10.2 年度別のOLED発光材料メーカーの売上高分析
10.3 総合

11. 主要発光材料メーカーの韓国特許出願の動向分析 (2013~2015)
11.1 概要
11.2 年度別のOLED発光材料特許分析
11.3 総合

12. 主要発光材料メーカーの競争力分析(2016)
12.1 2015年の実績
12.2 特許
12.3 保有量産製品
12.4 2016年の予想営業力
12.5 総合

今後Contentsが変更となる場合があります。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。