2017 OLED Encapsulation Annual Report

OLED封止、TFEが主流

  • 全てのエッジタイプとフルスクリーンタイプのフレキシブルOLEDにTFEを採用する見込み
  • プラズマCVD(PECVD)装置、封止装置市場全体の62%を占有

UBI Researchが発刊した『2017 OLED封止アニュアルレポート』は、OLED封止技術の中で、薄膜封止(Thin Film Encapsulation:TFE)が2021年にOLEDパネル全体の約70%に採用され、主要封止技術になると予想した。

最近のOLEDディスプレイは、エッジタイプからベゼルを最小限にしてフルスクリーンを実現することがトレンドになり、フレキシブルOLEDがフルスクリーンの実現に最適なディスプレイに選ばれている。そのため、韓国のSamsung DisplayとLG Displayを始めとする中国パネルメーカーもリジットではなく、フレキシブルOLED量産ラインへの投資に注力している状況である。

フレキシブルOLEDは、薄くて曲げられる特性を持つため、ガラスを使用するフリット封止は適合しなくなり、TFEやハイブリッド封止(Hybrid Encapsulation)を採用しなければならない。

TFEは薄い有機物と無機物を積層して形成する構造を持っており、開発初期には11層積層構造で、複雑な工程と歩留まり率が低いという欠点があったが、現在は3層積層構造を開発し、生産性、歩留まり率、コストが大きく改善され、多くのフレキシブルOLEDに採用されている。

<TFEの開発履歴、「2017 OLED封止アニュアルレポート」>

一部のフレキシブルOLEDには、バリアフィルムを使用するハイブリッド封止も採用されているが、バリアフィルムの価格が高く、比較的に厚みがあるため、最近は全てTFEを採用している傾向がある。

UBI Researchチャン・ヒョンジュン先任研究員は「TFE封止は、エッジタイプとフルスクリーンタイプのフレキシブルOLEDパネルに引き続き採用されることになりそうで、関連装置と材料市場も成長し続ける」と明らかにした。

今回のレポートでは、TFEの主要装置は無機物を形成するプラズマCVDと有機物を形成するインクジェットプリンターで、特にプラズマCVDは、TFEだけでなく、ハイブリッド封止の無機膜を形成する際にも用いられる。そのため、プラズマCVD市場は、2017年から2021年まで68億2,000万米ドル規模の市場になり、封止装置市場全体の約62%を占有すると予想した。

<プラズマCVD装置市場規模、2017、「2017 OLED封止アニュアルレポート」>

本レポートは、封止の開発履歴、動向、主要パネルメーカーの動向を始めとする封止関連主要装置と材料市場をテーマにしている。

Coverage

1. 封止の開発動向(フリットガラス封止、薄膜封止、ハイブリット封止)

2. 封止のサプライチェーン分析(LG Display、Samsung Display、その他)

3. 主要OLEDパネルの動向(台湾AU Optronics、 中国BOE、台湾CPT、中国CSOT、日本JDI、韓国LG Display、韓国Samsung Display、中国TIANMA、中国Visionox)

4. 市場トレンド
封止市場全体の分析期間:2017~2021年
分析コンテンツ:

  • 封止技術別OLED市場展望 (総出荷量、総売上高、フリットガラスタイプのOLED、封止薄膜(TFE)タイプのOLED、ハイブリッドタイプのOLED)
  • 封止装置市場展望(概要、装置市場全体、プラズマCVD装置市場、インクジェット装置市場、ラミネート装置市場、検査測定装置市場、封止FA及びその他装置市場)
  • 封止材料市場展望 (概要、ガラス市場、フリットガラス市場、薄膜封止(TFE)用有機材料市場、インバー封止材料市場、封止用接着剤材料市場)

Contents

1. エグゼクティブサマリー

2. 封止概要
2.1 封止の定義
2.2 封止の要件
2.3 封止の分類
2.4 封止のプロセス

3. 封止の開発動向
3.1 フリットガラス封止(Frit Glass Encapsulation)
3.2 薄膜封止(Thin Film Encapsulation:TFE)
3.3 ハイブリッド封止(Hybrid Encapsulation)

4. 主要OLEDパネルメーカーの動向
4.1 台湾 友達光電股份有限公司(AU Optronics Corp.)
4.2 中国 京東方科技集団BOE(BOE Technology Group Co., Ltd.:BOE)
4.3 台湾 中華映管股份有限公司(Chunghwa Picture Tubes Ltd. :CPT)
4.4 中国 深圳市华星光电技术有限公司(China Star Optoelectronics Technology Co., Ltd.:CSOT)
4.5 日本 株式会社ジャパンディスプレイ(Japan Display Inc.:JDI)
4.6 韓国 LG Display Co., Ltd.
4.7 韓国 Samsung Display Co., Ltd.
4.8 中国 天马微电子股份有限公司(Tianma Micro-electronics Co., Ltd.:TIANMA)
4.9 中国 维信诺公司(Visionox Company)

5. 封止のサプライチェーン分析
5.1 LG Display Co., Ltd.
5.2 Samsung Display Co., Ltd.
5.3 その他

6. 封止技術別OLEDパネル市場展望
6.1 総出荷量
6.2 総売上高
6.3 フリットガラスタイプのOLED
6.4 封止薄膜(TFE)タイプのOLED
6.5 ハイブリッドタイプのOLED

7. 封止装置市場展望
7.1 概要
7.2 封止装置市場全体
7.3 封止プラズマCVD(PECVD )装置市場
7.4 封止インクジェット(Ink-jet)装置市場
7.5 封止ラミネート(Laminating)装置市場
7.6 封止検査測定装置市場
7.7 封止FA及びその他装置市場

8. 封止材料市場展望
8.1 概要
8.2 封止用ガラス市場
8.3 フリットガラス市場
8.4 薄膜封止(TFE)用有機材料市場
8.5 インバー(Invar)封止材料市場
8.6 封止用接着剤(Adhesive)材料市場

今後Contentsが変更となる場合があります。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す