2018年OLED Market TrackとOLED産業レポート発刊

韓国のOLED専門市場調査機関UBI Research(代表、イ・チュンフン)が OLEDパネル市場における実績と展望、需要供給分析データを含む2018年『OLED Market Track』とOLEDパネル産業の分析を深堀りしたOLED産業レポートを発刊した。

 

Market TrackはUBI Researchが15年間蓄積した市場実績と予測システムに基づき、パネル実績、将来市場予測、需要と供給分析、パネルメーカーの競争力分析、サプライチェーン分析、パネル製造コスト分析、投資状況分析、パネル価格分析の合計7つのモジュールで構成されている。

 

今回が初めての発刊となる需要と供給分析データは、現在各パネルメーカー保有している生産能力と製造技術、予想投資規模のシミュレーションによって供給を予測し、セットメーカーインタビューと市場トレンドから需要を予測し、今後5年間の需要と供給の関係を予測・分析した。

 

パネルメーカーの技術力を基に、今後の売上高と出荷量、投資規模をシミュレーションしてパネルメーカーの事業性を予測できるようにした競争力分析データと、全てのデータを図表化したエクセルファイルが年に4回提供される。

 

今回OLED Market Trackで、セットメーカー、パネル、材料および部品、装置メーカーがOLED産業において今後どのように成長するがを予想し、それに伴う投資と人材確保が必要な時期など、事業企画最適な情報を得ることができる。そのため、経営企画とマーケティング、事業戦略部で有用に活用できるとと考えられる。

 

OLED産業レポートは従来より提供してきたOLED年間レポート、フレキシブルOLEDレポート、ソリューションプロセスOLEDレポートを一つにまとめ、過去3年間におけるパネルメーカーの開発ヒストリーを分析したもので、世界OLEDパネルメーカーの技術力と開発方向を把握できるように分析を深掘りした。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。