AMOLED Display Market Track

Introduce
  • AMOLED市場トラックはお客様のニーズを総合してAMOLED市場関連dataをエクセルsheetにdata tableとgraphで深層分析したcontentsです。
  • AMOLED市場実績と見通しは、ASPをapplication星とメーカー別、国別など、様々な観点から分析し、supply&demandとsupply chain、企業別競争力、costを深層分析した内容が含まれています。

Market Track フォーマット : エクセルスプレッドシート

発刊日程 : 毎四半期

発刊月 発刊状況
2018年 2月 発刊
2018年 5月 予定
2018年 8月 予定
2018年 11月 予定
AMOLED Display Market Track 目次
Sample

Cost Analysis(Mobile / 大面積) & Supply Chain Analysis サンプルご紹介

Galaxy Sシリーズに続き、iPhone XにもフレキシブルOLEDパネルが採用され、フレキシブルOLEDがプレミアムスマートフォン市場の主流に浮上しました。そのため、高価な材料および部品が用いられ、さらに工程が複雑になり、パネル価格はリジッドOLEDに比べて2倍以上に設定されています。
一方、TV用OLEDパネルの歩留まり向上で価格は低下傾向にあるものの、LG Displayによる赤字補填のための事業戦略に従って、価格設定の方向性が策定される予定です。

Mobile cost analysis & 大面積 cost analysis

「Mobile cost analysis」では、Galaxy 8SとiPhone XのBOMコストを分析、「大面積cost analysis」では、サイズ別(UHD 55”・65”・77”)製造コストを分析し、四半期別にまとめました。

Supply chain analysis

「Supply chain analysis」では、Samsung DisplayとLG DisplayのOLEDパネル基板からモジュールまで、使用される材料および部品・装置についてまとめ、パネルメーカー別に供給先の企業リストを作成しました。

Market Sales Performance & ASP & Supply and Demand Analysis & Market Forecast サンプルご紹介

2017年まで大面積OLED分野ではLG Display、中小型OLED分野ではSamsung Displayの独走が続きました。今後も大面積OLED分野ではLG Displayの独走が続く見込まれるものの、中小型OLED分野では後発OLEDパネルメーカーによる本格的な量産開始で、Samsung Displayの市場シェアが次第に低下すると予想されます。

Supply and demand analysis

セットメーカーの需要とパネルメーカーの供給現況・急変するデバイスの動向・供給過剰率を分析し、2017年から2022年までのOLEDパネルの需要と供給を予測しました。

Market forecast

Supply and demandの分析に基づき、2018年から2022年までの今後5年間のOLEDパネル市場をシミュレーションし、OLEDパネルの出荷量と売上高の予測値について、アプリケーション・国・基板・タイプ別に分析しました。

Market sales performance

2014年から2017年までのOLED販売実績を確認することができます。OLEDパネルの出荷量と売上高実績を四半期・年度別にまとめた上、パネルメーカー・アプリケーション・アプリケーション・国・基板タイプに分類して分析を行いました。

ASP

Market sales performanceのデータを基盤に、2014年から2017年までの変化を確認することができます。現在、OLEDパネルが採用されている主要製品のスマートフォン・TV・タブレットPC・スマートウォッチのASPを四半期別にまとめました。

Investment & MP line status サンプルご紹介

中国のパネルメーカーは2017年に続き、2018年にも第6世代フレキシブルOLEDラインへ投資する予定で、韓国のパネルメーカーは急変している市場状況に対応するために、フレキシブルOLED量産ラインへ投資するタイミングを再検討しています。

「Investment & MP line status」では、2020年までパネルメーカーにおける投資動向データと装置の生産能力によるガラス面積について四半期別に分析を行い、世界のOLED生産可能面積を確認することができます。

他にも、投資ヒストリー、現在の投資状況、3年後の投資展望などについて、メーカー・サイズ・国別など、様々な観点から詳しく分析しました。

Competitiveness Analysis for Mobile Device サンプルご紹介

LG Displayを始めとする中国のBOE、GVO、Tianmaなど、主要OLEDパネルメーカーによる本格的な量産が期待されています。そのため、今後はSamsung Displayとの技術と市場シェアの格差を解消するための激しい競争が予想されます。

「Competitiveness Analysis for Mobile Device」では、Samsung Displayを基準に、モバイル用OLEDの生産可能面積に比べての出荷量と売上高をメーカー別に分析し、事業性と市場参入における競争力を確認することができます。