OLED材料および部品産業レポート

本レポートはOLED産業において、最近重要事項として浮上してきている「青色OLED + QDCF」と「BT.2020」規格に関するパネルメーカーの開発方向について説明している。…

OLED発光材料産業レポート

本レポートはOLED産業において、最近重要事項として浮上してきている「青色OLED + QDCF」と「BT.2020」規格に関するパネルメーカーの開発方向について説明している。…

2018 OLEDディスプレイ産業アニュアルレポート

OLEDレポートは、従来のOLEDアニュアルレポート、フレキシブルOLEDレポート、…

Investment & MP Line Status

 

世界におけるAMOLEDの生産可能面積は2018年から2020年まで年平均48%で成長すると予想されます。

装置の生産能力によるガラス面積を分析したところ、AMOLEDの生産可能面積は2017年の300万㎡から2020年には約3倍以上増加した4,000万㎡に達すると見られます。
なお、大面積AMOLEDの生産可能面積については、2017年の400万㎡から2020年に840万㎡となり約2倍に増加し、中小型AMOLEDの生産可能面積は同期間で910万㎡から3,200万㎡へ約3.5倍に増加する見込みです。

投資およびMPラインの現況(Investment & MP Line Status)では、パネルメーカーによる投資現況と投資の予想時期を生産ラインごとに詳しく分析したデータとグラフをエクセルファイルでご提供します。

Investment & MP Line Status Sample

 

Contents

1. Investment Data – Quarterly
 – Capa
– Glass Area

3. Investment Graph – Quarterly
 – Total Glass Area
– Glass Area By Company and Ratio
– Glass Area By Generation and Ratio
– Glass Area By Company_Small
& Medium and Ratio
– Glass Area By Substrate Type_Small
& Medium and Ratio
– Glass Area By Substrate Type_Large

1. Investment Data – Yearly
 – Capa
– Glass Area

4. Investment Graph – Yearly
 – Total Glass Area
– Glass Area By Company and Ratio
– Glass Area By Generation and Ratio
– Glass Area By Company_Small
& Medium and Ratio
– Glass Area By Substrate Type_Small
& Medium and Ratio
– Glass Area By Substrate Type_Large

 

Flexible OLED Annual Report

フレキシブルOLED、2019年を基点に OLEDパネル市場を主導

  • 2019年にフレキシブルOLEDは4億8,000万個出荷、リジッドOLED出荷量を超える見込み
  • フレキシブルOLEDのうち、フルスクリーンOLEDは2022年まで平均78.3%の市場占有率で、市場を主導する見込み
  • Foldable OLEDは2019年から本格的に出荷する見込み

フレキシブルOLEDの出荷量は2019年にリジッドOLEDの出荷量を超える見込みだ。UBI Researchが発刊した「2017 Flexible OLED Annual Report」によると、フレキシブルOLEDは2019年に4億8,000万個出荷され、4億900万個のリジッドOLEDの出荷量を超える見通しとなった。また、フレキシブルOLEDの出荷量は2018年から年平均41%で成長し、2022年には12億8,500万個になり、売上高は594億米ドルを記録すると予想される。

<2018~2022年におけるOLED基板別市場占有率の展望>

最近モバイル機器において、ハードウェア技術の向上が標準化され、プレミアム市場を目指すセットメーカーはOLEDを採用し、製品の差別化に取り組んでいる。特に同一サイズモバイル機器でも、より広い画面を求める消費者のニーズが高まり、セットメーカーはフルスクリーンを実現可能なフレキシブルOLEDの採用を始めた。

そのため、パネルメーカーもフレキシブルOLEDの量産に向けた投資を継続的に推進している。特に2018年からBOEとCSOT、Visionoxなど、中国パネルメーカーによる第6世代フレキシブルOLED量産への投資が本格化すると予想され、中国におけるフレキシブルOLEDの出荷量は年平均59%で成長し、2022年には3億5,400万個に達すると見込まれた。

本レポートでは、リジッドOLED及びフレキシブルOLEDの構造と工程を比較し、Foldable OLEDを実現するための技術開発動向を層(Layer)別に分析した。また、フルスクリーンOLEDを採用しモバイル機器を発売したSamsung Electronics、Apple、LG ElectronicsにおけるフレキシブルOLEDの採用技術を比較し、2018年から2022年までのフレキシブルOLED市場をフレキシブルタイプと国別、世代別など、様々な観点から分類して予想を行った。

フレキシブルOLEDの中でフルスクリーンOLEDは2018年に2億6,500万個出荷され、市場占有率82.1%になり、2022年には10億2,200万個の出荷で79.5%を占め、フレキシブルOLED市場をリードすると見込まれた。また、最近大きな注目を集めているFoldable OLEDは、2019年から500万個出荷され、2022年には5,300万個に拡大することが予想された。

<2018~2022年におけるFoldable OLED出荷量展望>

Contents

1. エグゼクティブサマリー

2. OLED検査及び測定概要
2.1 検査と測定の重要性
2.2 OLED検査と測定
2.3 OLED検査測定装置

3. 基板及びTFT検査測定装置
3.1 基板
3.2 TFT
3.3 Bottom Protective Film
3.4 薄膜トランジスタ―(Thin Film Transistor:TFT)
3.5 封止(Encapsulation)
3.6 タッチスクリーンパネル(Touch Screen Panel)
3.7 偏光板(Polarizer)
3.8 透明光学粘着フィルム(Optically Clear Adhesive:OCA)
3.9 カバーウィンドウ(Cover Window)

4. 主要フレキシブルOLEDパネルメーカーにおける展示及び開発の動向
4.1 AU Optronics
4.2 BOE
4.3 EverDisplay Optronics
4.4 Tianma
4.5 Japan Display
4.6 LG Display
4.7 Samsung Display
4.8 その他

 5. 主要モバイル機器メーカーのフレキシブルOLED技術
5.1 概要
5.2 Samsung Electronics
5.3 Apple
5.4 LG Electronics

6. 主要パネルメーカーにおける量産ラインの現況及び投資動向
6.1 主要パネルにおける量産ラインの現況
6.2 韓国パネルメーカー
6.3 中国パネルメーカー
6.4 その他
6.5 主要パネルメーカーの投資動向

7. フレキシブルOLED市場展望
7.1 概要
7.2 全体市場
7.3 フレキシブルOLED
7.4 フレキシブルタイプ別
7.5 国別
7.6 世代別
7.7 サイズ別
7.8 封止(Encapsulation)技術別

今後Contentsが変更となる場合があります。

2017 Inspection and Measuring Equipment Report for OLED Mobile Device

OLEDモバイル機器用AOI装置市場、2021年まで23億3,000万米ドル規模まで拡大期待

中小型OLED検査に使用されるAOI(Automated Optical Inspection、自動光学検査)装置は、製品に光を照射し、反射される光量の差から欠陥の有無を確認する非接触検査装置である。AOI装置は繰り返されるパターンの比較によってその差を認知し、パターン不良を検出できるのみならず、Maskの異物とLLO(Laser Lift Off)工程の前後に基板の異物も検出できる。

そのため、AOI装置はTFTパターン検査とMaskの異物検査、OLED画素検査、封止検査、LLO前後の基板検査など、全てのOLED工程で使用されている。

AOI装置を製造する主要メーカーは、HB Technology、DIT、HIMS、LG PRIが代表的である。HB Technology、DIT、LG PRIはOLED工程で使用されるほぼ全てのAOI装置を製造しており、HIMSはMaskの異物検査用AOIを主に製造している。

最近UBI Researchが発刊した『2017 Inspection and Measuring Equipment Report for OLED Mobile Device』では、OLED装置市場全体において、検査測定装置市場は2017年から2021年まで総計66億3,000万米ドル(約7兆3,000億ウォン)規模に達すると予想されている。特にAOI装置は23億3,000万米ドルまで拡大すると見込まれる。

工程別に見ると、TFT工程で使用されるAOI装置市場は13億6,000万米ドルで、最大規模となる見込みで、次にOLED画素工程用AOI装置市場は4億3,000万米ドル、封止用AOI装置市場は3億9,000万米ドル、セル工程市場は1億6,000万米ドルになると分析される。

UBI Researchのユン・デジョン研究員は「OLED工程でAOI装置を介して不良を検出・リペアすると歩留まり率が向上し、欠陥製品の追加工程を抑えることで品質コストを削減できるという面において、AOI装置の付加価値を見つけることができる」と述べ、「AOI装置が技術的に進歩しつつ、パネルメーカーもAOI装置を積極的に導入し、検査項目を強化する傾向にあるため、AOI市場規模の拡大が期待される」と明らかにした。

<2017~2021年、OLEDモバイル機器用AOI装置市場の展望 >

Coverage

1. 工程分析(基板、TFT、OLED、封止、セル)

2. 主要パネルメーカーのサプライチェーン(LG Display、Samsung Display)

3. 市場トレンド

  • OLEDモバイル機器用検査測定装置市場の分析期間:2017~2021年
  • 分析コンテンツ:OLED検査測定装置市場(全体、構造別、項目別、装置別、AOI装置、レーザーリペア装置)

Contents

1. エグゼクティブサマリー

2. OLED検査及び測定概要
2.1 検査と測定の重要性
2.2 OLED検査と測定
2.3 OLED検査測定装置

3. 基板及びTFT検査測定装置
3.1 基板
3.2 TFT

4. OLED画素検査測定装置
4.1 Fine Metal Mask
4.2 OLED画素

5. 封止検査測定装置
5.1 Thin Film Encapsulation(TFE、薄膜封止)
5.2 Hybrid Encapsulation(ハイブリッド封止)

6. セル検査測定装置
6.1 Laser Lift Off
6.2 Cell Cutting

7. 主要パネルメーカーのサプライチェーン
7.1 工程別検査測定装置
7.2 主要パネルメーカーのサプライチェーン

8. 主要パネルメーカーにおけるラインの現況及び投資動向
8.1 主要パネルにおける量産ラインの現況
8.2 韓国パネルメーカー
8.3 中国パネルメーカー
8.4 その他
8.5 主要パネルメーカーの投資動向

9. OLED検査測定装置市場の展望
9.1 概要
9.2 検査測定装置市場全体
9.3 構造別検査測定装置市場
9.4 検査測定項目別装置市場
9.5 検査測定装置別市場
9.6 AOI(自動光学検査)装置市場の展望
9.7 Laser Repair(レーザーリペア)装置市場

今後Contentsが変更となる場合があります。

2017 Solution Process OLED Annual Report

ソリューションプロセスOLED、WRGBより材料及び部品コストの最大40%まで削減可能

UBI Researchが発刊した『2017 Solution Process OLED Annual Report』によると、大面積OLEDにソリューションプロセス(インクジェット・プリント)工程を導入する場合、現在量産に適用している蒸着方式のWRGB工程と比べ、材料及び部品コストの最大40%、約18%以上の製造コストを削減する可能性があると分析した。

ソリューションプロセスは大面積OLEDパネルを第8世代以上の装置で、マザーガラスを分割せずにRGBピクセル構造で製造できる技術である。UBI Researchチャン・ヒョンジュン先任研究員は「ソリューションプロセスが導入されたOLEDは、20層積層構造で構成されたWRGB OLEDと比べ、5層構造になっているため、パネルの構造は比較的に単純と言える。WRGB OLED工程は発光材料の使用効率が約40%でしかないのに比べ、ソリューションプロセスの導入で発光材料の効率を90%以上に向上することができる。そのため、発光材料の使用量が大幅減少し、コスト削減に大きく貢献すると期待される。また、カラーフィルターを使わないという点もパネル製造コストを削減できる要因となる」と述べた。また「Soluble(可溶性)発光材料の1kg当たりの価格をどう設定するかが、コスト削減決定の重要な要素となる。しかし、Soluble発光材料の採用で、有機材料の使用量は大きく減少するものの、Solvent(溶媒)費用、製造費用、開発費用による価格上昇は考慮しなければならないことだ」と強調した。

ソリューションプロセス工程技術は、大面積OLEDの大衆化に貢献する主要技術として注目されつつ、主要AMOLEDパネルメーカーの開発が進んでいる。技術的な観点から見た場合、ソリューションプロセスOLEDは、既存の蒸着材料をインク化するために様々な溶媒を混合し、蒸着材料より純度や発光効率が低くて寿命も短い。過去数年間パネルメーカーと材料メーカーにおける主要課題であったため、それを改善するために米国DuPont、ドイツMerck、住友化学などが積極的にSoluble OLED発光材料の開発に取り組んできた。特に蒸着材料と同様に青色材料の性能改善で難航してきが、現在は技術開発が進み、蒸着材料に比べ約80%程度の効率と寿命が改善された。

今回発刊した『2017 Solution Process OLED Annual Report』では、WRGB OLEDとソリューションプロセスOLEDの競争力を工程、材料、コストの側面から比較分析し、主要事項とSoluble OLED発光材料の開発現況、主要メーカーの動向、ソリューションプロセスOLED市場を様々な観点で分析した。

<WRGB OLEDとソリューションプロセスOLEDの製造コスト比較、出所:UBI Research 『2017 Solution Process OLED Annual Report』>

Coverage

1. ソリューションプロセス及び蒸着技術の競争力比較(工程、材料、コスト)
2. ソリューションプロセスに関する重要事項( Jetting Formation、Ink Formation、Intermixing、Material Performance、High Resolution、QLED)
3. ソリューションプロセスOLED用発光材料の開発動向分析(寿命、効率)
4. ソリューションプロセスの主要メーカー動向(韓国LG Displayの他14社)
5. 市場トレンド

  • ソリューションプロセスOLED関連市場分析期間: 2017~2021年
  • 分析コンテンツ:
    – ソリューションプロセス市場参入可能性(サイズトレンド変化、適用可能性、市場展望シナリオ)
    – ソリューションプロセスOLEDパネル市場(総出荷量、総売上高)
    – 中大型OLEDパネル市場(全体、サイズ別)
    – ソリューションプロセスOLED用発光材料市場(Common Material、Emitting Material、Soluble Material、Evaporation Material)
    – ソリューションプロセスOLED用装置市場(全体、国別、世代別、封止方式別)

Contents

1. エグゼクティブサマリー

2. ソリューションプロセスの概要
2.1 ソリューションプロセスの定義及び分類
2.2 ソリューションプロセス導入による期待効果
2.3 ソリューションプロセスの適用可能領域

3. ソリューションプロセス及び蒸着技術の競争力比較
3.1 概要
3.2 工程
3.3 材料
3.4 コスト

4. ソリューションプロセスに関する重要事項
4.1 概要
4.2 Jetting Formation
4.3 Ink Formation
4.4 Intermixing
4.5 材料性能
4.6 その他
4.7 QLED

5. ソリューションプロセスOLED用発光材料の開発動向分析
5.1 概要
5.2 効率
5.3 寿命
5.4 まとめ

6. ソリューションプロセスの主要メーカー動向
6.1 パネルメーカーによる大面積OLED事業現況及び開発動向
6.2 Soluble(可溶性)発光材料メーカー
6.3 インクジェットプリンターメーカー

7. ソリューションプロセスOLED市場の展望
7.1 概要
7.2 ソリューションプロセス市場参入可能性
7.3 ソリューションプロセスOLEDパネル市場
7.4 中大型OLEDパネル市場
7.5 ソリューションプロセスOLED用発光材料市場
7.6 ソリューションプロセスOLED用装置市場

8. ソリューションプロセス開発の歴史分析
8.1 OLED
8.2 QLED

今後Contentsが変更となる場合があります。

2017 OLED Lighting Annual Report

UBI Research、2017 OLED光源採用動向及び市場レポート発刊
: LG Display、照明用OLED光源の本格的な量産開始による市場開花期待

  • LG Displayは、9月末から第5世代照明用OLED光源の量産を開始
  • OLED光源市場は、2021年に約19億米ドル、2025年には約58億米ドル規模まで拡大

韓国LG Displayは、9月末から第5世代照明用OLED光源の量産を開始する予定で、OLED照明市場が本格的に開花できるかに注目が集まっている。LG Displayによると、月産規模は15,000個で、今後は90,000個まで生産可能な設備が整う。

UBI Researchが発刊した『2017 OLED Lighting Annual Report』では、世界のOLED光源市場は、2020年から大きく成長し、2021年には約19億米ドル規模になると見込まれている。また、2017年から2025年まで年平均85%の成長を見せつつ、2025年には58億米ドル規模になると予想されている。

OLED光源は、薄くて軽くてた柔らかなパネルを実現できるため、設置スペースの制限がなく、デザインの自由度が高い。また、発熱とフリッカー(Flicker)現象が少なく、安らかな雰囲気を作ることができるため、一般的な室内照明のみならず、車、展示、医療向けにもOLED光源が採用されている。

しかし、OLED照明市場はモバイル機器とTVに積極的に採用中のOLEDディスプレイ市場と比べ、成長が遅い傾向がある。ドイツOsramは主に車載用OLED照明向けの開発に集中しており、オランダPhilipsはOLED照明事業部を米国OLEDWorksに売却した。また、住友化学とコニカミノルタなど、日本のパネルメーカーも産業や医療用、その他の様々な分野に採用可能なOLED照明を開発しているものの、大きな成長は期待できなかった。

今回LG Displayによる第5世代OLED量産ラインの稼働開始で、照明用OLED光源の価格は100x100mmを基準に10米ドル以下まで下がると期待されている。また、室内照明だけではなく、車載用照明、展示用照明など、様々な分野に採用される見込みで、成長が遅いOLED照明市場に活力を与えられるかに期待が集まっている。

UBI Researchは、LG Displayが世界の照明用OLED光源市場全体に占める割合は、2017年に約70%、2020年には約50%となり、OLED光源市場をリードし続けると予想した。

『2017 OLED Lighting Annual Report』には、次世代照明市場の動向と有望アプリケーションの分析、LG Displayの投資によるOLED光源コスト分析、OLED光源市場展望などに関する記述が含まれている。特に、OLED光源市場展望とOLED光源用発光材料市場展望、OLED光源用材料及び部品市場展望、OLED光源用装置市場を様々な観点から分析したため、関連企業がOLED照明市場を把握する上で参考になると期待されている。

<OLED光源市場全体の売上高展望>

Coverage

1. 次世代照明市場動向(全体、LED、OLED)

2. OLED光源採用の有望アプリケーション分析(車載用、航空用、室内インテリア用、医療用、展示用、その他)

3. OLED光源の主要メーカー動向(LG Displayを始めとする全16社)

4. OLED光源コスト分析(概要、コスト分析、材用費分析)

5. 市場トレンド

  • OLED光源関連市場分析期間:2017~2025年
  • 分析コンテンツ:
    – OLED光源市場展望(概要、全体市場、アプリケーション市場、基板別市場)
    – OLED光源用発光材料市場展望(概要、全体市場、スタック構造別市場)
    – OLED光源用材料及び部品市場展望(概要、全体市場、基板、封止材用、電極材料/ケミカル材料、光取り出しフィルム)
    – OLED光源用装置市場展望(概要、全体市場、国家別市場)

Contents

1. エグゼクティブサマリー

2. 次世代照明市場動向
2.1 照明市場全体の展望
2.2 LED照明市場動向
2.3 OLED光源市場動向

3. OLED光源採用の有望アプリケーション分析
3.1 車載用
3.2 航空用
3.3 室内インテリア用
3.4 医療用
3.5 展示用
3.6 その他

4. OLED光源の主要メーカー動向
4.1 韓国 LG Display Co., Ltd.
4.2 ドイツ OSRAM GmbH
4.3 ドイツ OLEDWorks GmbH
4.4 日本 住友化学株式会社(Sumitomo Chemical Co., Ltd.)
4.5 日本 株式会社カネカ(Kaneka Corporation)
4.6 日本 Lumiotec株式会社(Lumiotec Inc.)
4.7 日本 コニカミノルタ株式会社(Konica Minolta Inc.)
4.8 日本 NECライティング株式会社(NEC LIGHTING Ltd.)
4.9 その他

5. OLED光源の主要メーカーにおける開発の歴史分析
5.1 韓国 LG Display Co., Ltd.
5.2ドイツ OSRAM GmbH
5.3ドイツ OLEDWorks GmbH
5.4 日本 株式会社カネカ(Kaneka Corporation)
5.5 日本 Lumiotec株式会社(Lumiotec Inc.)
5.6 その他

6. OLED光源コスト分析
6.1 概要
6.2 コスト分析
6.3 材料費分析

7. OLED光源市場展望
7.1 概要
7.2 全体市場
7.3 アプリケーション別市場
7.4 基板別市場

8. OLED光源用発光材料市場展望
8.1 概要
8.2 全体市場
8.3 スタック構造別市場

9. OLED光源用材料及び部品市場展望
9.1 概要
9.2 全体市場
9.3 基板
9.4 封止材料
9.5 電極材料/ケミカル材料
9.6 光取り出しフィルム

10. OLED光源用装置市場展望
10.1 概要
10.2 全体市場
10.3 国家別市場

 

今後Contentsが変更となる場合があります。