2020年OLED部品素材レポート

COVID-19によって伸び悩んでいたOLED産業が再び活気を帯びつつある中、2020年OLED製品にはLTPOTとmicro lightening pattern(MLP)など多様な技術が新しく適用された。

今回発刊した「2020年OLED部品素材レポート」では各パネル企業のフォルダーブル機器用とモバイル機器用、テレビ用OLED部品素材の新技術と供給網を分析し、今後適用可能な技術をロードマップとして展望した。
また、2025年までの各パネルメーカーの量産キャパと出荷量を予測し、OLEDを構成する基板とTFT、encapsulation、タッチセンサー、adhesive、カバーウィンドウ、Moduleなどの中核部品素材市場を展望した。

Contents
1. 重要な要約

2. フォルダブル機器用部品素材の開発と産業の現況
2.1 フォルダブル機器発売の動向
2.2 フォルダブル機器用OLED構造解析
2.3 パネルメーカー別のフォルダブルOLED事業と展示動向
2.4 Ultra Thin Glass
2.5 Colorless PI
2.6 偏光板
2.7 Encapsulation
2.8 フォルダブル機器用ペン

3. モバイル機器用部品素材の開発と産業の現況
3.1 サムスンディスプレイのFlexible OLEDの変化
3.2 Under Panel Camera
3.3 光取り出し性能改善素材
3.4 タッチセンサー
3.5 Fine Metal Mask

4. TV用部品素材の開発と産業の現況
4.1 主要パネルメーカーの現状
4.2 カラーフィルタ
4.3 Top-emission用電極
4.4 光学素材

5. OLEDパネルメーカーの量産キャパ分析と展望
5.1 年間全体基板面積見通し
5.2 中小型OLED年間基板面積見通し
5.3 大面積OLED年間基板面積見通し

6. OLED出荷量見通し
6.1 OLED全体出荷量
6.2 応用製品別出荷量
6.3 スマートフォン用OLED基板別出荷量

7. 主要部品素材市場の見通し
7.1 概要
7.2 全体の市場
7.3 基板
7.4 TFT
7.5 Encapsulation
7.6 タッチセンサー
7.7 偏光板
7.8 Adhesive
7.9 カバーウィンドウ
7.10 Driver IC & COF
7.11 複合シート
7.12 工程用フィルム