2020 OLED発光材料レポート

レポートフォーマット:PDF(158p)

発刊:2020年5月

Introduce

2020 発光材料レポートの市場資料は、コロナウイルスによって発生する応用製品別の市場変化と各パネルメーカーの事業現状の両方を考慮して材料の需要量と金額を算出した。

今回のレポートでは、最近話題になっている材料の開発状況とパネルメーカーの色再現率の改善方向を収録し、発光材料メーカーの材料開発の方向についての見当をつけるようにした。

また、発光材料メーカーに携わる研究者がOLED画素を作る過程を分かりやすくするため、図面で説明された画素工程の製作過程を綿密に収録している。

目次
1. 重要な要約

2. OLEDパネルメーカーの量産キャパ見通し
2.1 年間全体の基板面積見通し

2.2 中小型OLED年間基板面積見通し
2.3 大面積OLED年間基板面積見通し

3. OLED出荷量見通し
3.1 OLED全体出荷量
3.2 応用製品別出荷量

4. 発光材料産業の課題
4.1 Quantum Dot

4.2大面積OLEDの色再現率の改善
4.3 消費電力
4.4 Sol OLED

5. 発光材料の開発動向
5.1 高屈折CPL
5.2 長寿命材料
5.3 Soluble材料
5.4 TADF材料

6. 発光材料メーカー別事業動向
6.1 材料メーカー別実績分析

6.2 特許動向

7. パネルメーカー別サプライチェーンとパネル構造解析
7.1 サムスンディスプレイ

7.2 LGディスプレイ
7.3 BOE
7.4 Visionox

8. OLED発光材料の実績の分析
8.1 全体

8.2 共通層と発光層

9. OLED発光材料の市場シェア分析
9.1 2019年OLED発光材料の売上高シェア分析

9.2 Host
9.3 Dopant
9.4 HTL
9.5 ETL
9.6 その他の材料

10. OLED発光材料の需要量見通し
10.1概要

10.2 全体需要分析
10.3 共通層と発光層需要量見通し
10.4 画素構造別需要見通し
10.5 サムスンディスプレイの需要量見通し
10.6 LGディスプレイの需要量見通し
10.7 中国のパネルメーカー需要見通し
10.8 OLED TV用需要見通し

11. OLED発光材料の市場展望
11.1 全体

11.2 共通層と発光層
11.3 国別
11.4 パネルサイズ別
11.5 画素構造別

12. 画素工程
12.1 モバイル機器用OLED画素工程

12.2 TV用OLED画素工程
12.3 Solution Process OLED画素工程
12.4 OLED画素検査と測定工程

Report Sample