Investment & MP Line Status

 

世界におけるAMOLEDの生産可能面積は2018年から2020年まで年平均48%で成長すると予想されます。

装置の生産能力によるガラス面積を分析したところ、AMOLEDの生産可能面積は2017年の300万㎡から2020年には約3倍以上増加した4,000万㎡に達すると見られます。
なお、大面積AMOLEDの生産可能面積については、2017年の400万㎡から2020年に840万㎡となり約2倍に増加し、中小型AMOLEDの生産可能面積は同期間で910万㎡から3,200万㎡へ約3.5倍に増加する見込みです。

投資およびMPラインの現況(Investment & MP Line Status)では、パネルメーカーによる投資現況と投資の予想時期を生産ラインごとに詳しく分析したデータとグラフをエクセルファイルでご提供します。

Investment & MP Line Status Sample

 

Contents

1. Investment Data – Quarterly
 – Capa
– Glass Area

3. Investment Graph – Quarterly
 – Total Glass Area
– Glass Area By Company and Ratio
– Glass Area By Generation and Ratio
– Glass Area By Company_Small
& Medium and Ratio
– Glass Area By Substrate Type_Small
& Medium and Ratio
– Glass Area By Substrate Type_Large

1. Investment Data – Yearly
 – Capa
– Glass Area

4. Investment Graph – Yearly
 – Total Glass Area
– Glass Area By Company and Ratio
– Glass Area By Generation and Ratio
– Glass Area By Company_Small
& Medium and Ratio
– Glass Area By Substrate Type_Small
& Medium and Ratio
– Glass Area By Substrate Type_Large

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。