AMOLED Emitting Material Market Track

Introduce
  • 「AMOLED Emitting Material Market Track」ではAMOLED発光材料市場トラックはお客様のニーズを総合してAMOLED発光材料市場関連dataをエクセルsheetにdata tableとgraphで深層分析したcontentsです。
  • 「AMOLED Emitting Material Market Track」では、Sales performanceとASP of emitting materials、Forecastの3つのモジュールから、発光材料の売上高と供給量実績、発光材料の平均販売価格(ASP)、発光材料の予想売上高と供給量、OLEDパネルメーカーの購入額と購入量などの展望を確認することができる。

Market Track フォーマット : エクセルスプレッドシート

発刊日程 : 毎四半期

発刊月 発刊状況
2018年 4月 発刊
2018年 7月 予定
2018年 10月 予定
2018年 12月 予定
AMOLED Emitting Material Market Track目次
Sample

Sales Performance サンプルご紹介

2017年にはiPhoneへのOLED採用、大面積OLEDの生産量増加によってOLED市場が成長し、その影響で2017年の発光材料市場は前年比56%成長した1兆ウォンを突破したと考えられる。

「Sales Performance」では、2014年から2017年までの発光材料の売上高と供給量実績の分析を行った。発光材料メーカー別、層別、発光材料別に分類し、2014年から2017年までの売上高と2016年から2017年までの供給量実績を詳しく取り上げている。

Market Forecast サンプルご紹介

iPhoneは2018年にもOLEDを採用したモデルを発売する見込みで、大面積OLEDの生産能力も拡大が続くとみられる。中小型OLEDはLG Displayと中国のOLEDパネルメーカーによる本格的な量産が期待されており、発光材料市場も引き続き成長を継続すると予想される。

「Forecast」では、2018年から2022年までの発光材料市場を展望した。発光材料別、OLED構造別予想売上高と供給量とOLEDパネルメーカー別発光材料の予想購入額と購入量を詳しく確認できる。

Average Sales Price of Emitting Materials サンプルご紹介

2008年から2017年までの発光材料別ASPの流れを確認できる。ASPはホスト材料とドーパント材料、共通層材料に区分されている。