2019年OLED年発光材料レポートの発行

Emitting Material
2019 OLED発光材料レポート
Hard Copy(74p)
OLED Emitting Material Market
· ASP
· Sales Performance
· Market Forecast
3月 3月/6月/9月/12月

2018年BOEのフレキシブルOLEDパネル出荷に続き、2019年には、VisionoxもフレキシブルOLED生産を開始見込みだ。 中国ディスプレイメーカーもフレキシブルOLED生産が可能であることが立証されたことにより、BOEをはじめVisionoxとTianmaは追加ライン投資を急いでおり、中国パネルメーカーの発光材料の消費量が徐々に増えるだろう。
また、サムスンディスプレイは、TV用大型OLEDパネルの生産のために第8世代LCDラインをQD-OLEDラインに改造することが予想されて青色OLED市場が熱くなるだろう。
2019年OLED発光材料のレポートは、中国のOLED発光材料の市場とQD-OLED発光材料の市場を重点に分析し、最新のOLED発光材料の開発動向とメーカー動向を扱った。
本報告書は、マーケットトラックと一緒に提供される。マーケットトラックは年度別の市場データと四半期の市場データの2種類がある。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す